読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ultimaker2のアップグレード

3Dプリンタ 工作 仕事 道具

Ultimaker2という3Dプリンタを会社で使っているのですが、Extrusion Upgrade Kitなるものが出たので購入しアップグレードしてみました。これを装備すると2から2+として販売されているものとほぼ同じになります。日本ではBRULÉが49800円で販売しています。
https://ultimaker.com/en/products/extrusion-upgrade-kit
http://www.brule.co.jp/3d-printers/ultimaker-2-extrusion-kit.shtml
今回のキットではプリントヘッドとフィーダーという重要なパーツを交換します。写真の奥がプリントヘッド、手前の白い箱がフィーダーです。
f:id:miso_engine:20160927164945j:plain

フィーダー

Ultimaker2のフィーダーはよく素材のチューブを掴めずに空転することがあり、最も不満の多い部位だったのですが、ギア付きのものに変えられた結果、現在ほとんど不満はありません。
写真で並べてみると、やはり見た目的にもbeforeよりafterの方が作りがしっかりしてますね。
f:id:miso_engine:20161101195500j:plain


プリントヘッドとノズル

プリントヘッドも冷却効果がより高いというものに交換です。こちらもたしかにハケや糸引きなどが少なくなりました。写真の左がbefore、右がafterです。パーツ的にはほとんど変わりませんがファンの向きが変わっています。
f:id:miso_engine:20160930201943j:plain
また、今回からノズルの太さを変えられるようになり、0.25mm、0.4mm、0.6mm、0.8mmの4種類のノズルが付属しています。Ultimaker2と同じ太さは0.4mmでこちらが標準です。3Dプリンタにはスピードを求めていたので、0.6mmと0.8mmを試してみたのですが、1mm幅の壁がうまく作れず*10.4mmがベストのバランスだなという印象です。0.25mmはまだ試していません。

まとめ

アップグレードには大変満足していて、特にフィーダーのトラブルが無くなったのがすごく良いです。これで5万円は充分に元が取れます。交換時間としては2時間~半日ほどが目安。アップグレード、オススメです。

余談

「+」のシールが付属していて、貼るとUltimaker2+になれます。わーい。あと、先日Ultimaker3が発表されて、オートレベル調整羨ましい……って思いました。
f:id:miso_engine:20161003134344j:plain

MUTOH オリジナル3Dプリンタ Value3D MagiX フィラメント 3mm PLA 白

MUTOH オリジナル3Dプリンタ Value3D MagiX フィラメント 3mm PLA 白

*1:ノズルの太さ的に当たり前の話ですね……