読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子工作向けの持ち運び用工具箱

f:id:miso_engine:20161130191209j:plain
設営や出張修理などで道具や工具を持ち運ぶ必要が出てきたため、いくつかツールケースを試した。入れる道具としては、ハンダ付けのための各種とラジオペンチ、ニッパー、コードストリッパー、ドライバー、テスターなどだ。結果としては、アステージのアルミツールケースがバランスが取れててよかった。
f:id:miso_engine:20161130191116j:plain
f:id:miso_engine:20161130191134j:plain

4点からなるちょうど良さ

写真でも分かるように購入したケースはサイズが2種類あり、小さい方と大きい方がある。最初に小さい方を買ったのだが、サイズと蓋の開き具合が浅めなのが気に入らなかったので試しに大きい方を買ったらちょうど良かった。ちょうど良いというのは4点の良さからなっている。

1. サイズ(入れたいものが全て入って少し余裕があるがリュックにはいる)
2. 見た目(アルミだからパッと見安っぽくなくて傷ついても味になる)
3. 重さ(そこそこ軽い)
4. 値段(2000円程度)

アルミツールケースやアルミケース界隈を見渡すとアステージ以外にアイリスオーヤマトラスコ中山が出しているが、それらと比べてこちらのケースは、サイズが絶妙(同サイズのものはパッと見ない)、留め金が1個(他のメーカはー2個だが少しめんどくさい)、取っ手がシルバーで見た目が良いという点で良い。サイズがやはり最重要で、これ以上大きいとショルダーストラップをつけて単独で持ち運ぶ必要があるのに対し、このサイズだとリュックに入れられるので両手が空いて移動が楽だ。逆にこれより小さいと必要なものが入らない。

Tips

コテ先スポンジは濡れるのでプラケースに入れてアルミケースに入れている。細かい部品や道具などもプラケースに入れると良かった。こちらもアステージのもの。100円ちょいぐらいだった。
f:id:miso_engine:20161216184900j:plain

購入先

小さい方は道具とか工具を持ち運ぶ以外に制作物の運搬などに便利に利用している。ハンダ付けのための道具を持ち運ぶ必要がない場合はこちらで充分なサイズで、通常の工作をするときにはこちらの方が便利だ。

Asage アルミツールケース

Asage アルミツールケース

大きい方はこちら。
Asage アルミツールケース

Asage アルミツールケース

僕はアマゾンではなく秋葉原のヒロセテクニカルで購入した。店の外に並んでいるヤツである。ヒロセは収納が充実していて実際に見て買うのにちょうど良かった。ネット通販もある。
電子部品・エレクトロニクス工具の専門店 秋葉原HITEC館